アース製薬

アースガーデン

  • facebook
  • LINE

グリーンカーテン(ゴーヤー)

ゴーヤーやアサガオなどで自然の木陰を作り、お部屋全体を涼しくするグリーンカーテン。エコ活動の一環として役立っています。
では、そのグリーンカーテン、どのように作ればいいのでしょうか?

グリーンカーテン(ゴーヤー)
ネットの設置

日陰を作りたい場所を選び、つるもの用ネットや支柱、プランターを設置します。

植え付け(5月初旬~末頃まで)

大型プランターに培養土を入れ、苗をポリポットから取り出し、根を崩さないようにして植え付けます。

摘心・誘引

背丈が50cm前後になったら、摘心(一番上の芽を摘むこと)し、子づる・孫づるの枝葉が混み合わないように麻ひもなどで誘引します。

収穫・管理

ゴーヤーの場合、実が出来たら、緑色で未熟なうちに収穫します。また、収穫が始まったら、追肥を2週間に1回与えます。

片付け

夏が終わり、株が衰え傷んできたら、日差しを取り込むためにも、支柱やネットなどを撤去します。

深町さんのワンポイントアドバイス!
より涼しいカーテンをつくるポイントは、人工的につるを誘引して満遍なく葉を茂らせることです。盛夏にカーテンを間に合わせるためには、種まきや苗の植え付けが遅れないようにし、植物がネットの半分ぐらいまでは、花や実もつかせないように取り除いてしまうことです。こうすることで栄養の分散を抑え、早くカーテンをつくることができます。
深町貴子

深町貴子/アドバイザー

園芸家。NHK趣味の園芸「やさいの時間」講師等、数多くのメディアで活躍。
園芸の魅力を語る講演・講座も人気。

ページトップへ