アース製薬

クリスマスローズ

基本情報

基本情報

クリスマスローズ

栽培難易度

寒い冬の時期に、紫や白、ピンクの可憐な花をたくさん咲かせるクリスマスローズ。柄や花の形などの種類が多く、バリエーションも豊富です。バラのような優雅さを持ちながら寒さに強く、初心者でも育てやすいので人気があります。

科名 属名
キンポウゲ科クリスマスローズ属
主な病気
べと病・灰色かび病
主な害虫
アブラムシ類・ハダニ類・ナメクジ
生育環境
10~4月頃は日当たりの良い場所、5~9月頃は半日陰で管理しましょう。
ポイント
高温多湿が苦手なので、梅雨どきや秋の長雨、夏の西日や直射日光は避けるようにしましょう。
弱酸性~中性(pH6.0~7.0)

栽培スケジュール

栽培スケジュール
画像を拡大する
育て方

育て方

1. 苗の準備

市販の苗や、開花株を準備します。

2. 植え付け

  • 植え付け時期10~3月
  • 水はけの良い土を選びます。市販されている専用の培養土を使うと便利です。

育苗ポットから苗を取り出したら、根に付いた土をしっかりとほぐしましょう。
生育が旺盛で根がよく張るので、一回りから二回り大きな鉢に植え付けましょう。

3. 水やり

乾燥した環境を好むので、水のやりすぎに注意しましょう。
土の表面が乾いたら、たっぷりと底から水が出るまであげてください。

4. 肥料

年に3回、10月・12月.2月頃に固形肥料を与えてください。また、10~4月の生育期は液体肥料を月に2~3回施しましょう。
夏に肥料を与えると、根や株を傷めて逆効果になってしまうことがあります。

5. 栽培環境と栽培のポイント(増やし方含む)

  • 生育環境10~4月頃は日当たりの良い場所が適しています。
    5~9月頃は明るい半日陰で、風通しの良い場所で管理しましょう。
  • 花がら摘み花がらが色あせてきたと感じた頃合いで、花がらを株元から切り取ります。
  • 古葉取り11~12月頃に新しい葉が成長し始めたら、古い葉を付け根から切り落としてください。
    また、枯れた葉や痛んだ葉は病気にかかりやすいため、見つけたらすぐに取りのぞきましょう。

6. 植え替えのポイント

植え替えに適した時期は10~3月頃です。
生育が旺盛なので、毎年一回りか二回り大きな鉢やプランターに植え替えましょう。
植え替える時は、古い土と痛んだ根を取りのぞき、新しい土を入れてください。

株が大きくなったら、株分けをして増やすことができます。
まず、根を傷めないように土を払い落します。あまり細かく分けすぎると生育が悪くなるため、少なくとも1株に3個以上芽がつくようにハサミやナイフで切り分けます。
切り分けた根は、それぞれの鉢に植え付けましょう。

病気・害虫

病気

灰色かび病

葉の緑が黒くなったり、花が褐色になってシミのような病斑ができる病気で、カビ(糸状菌)が原因です。菌糸を植物の中にのばして栄養分を吸収し、進行すると葉や花弁が腐敗して枯れます。灰色の粉(分生子)が生じて、伝染しやすくなることもあるので、早めに防除する必要があります。

対処法

  • 予防日当たりや風通しを良くします。
    特定防除資材の「酢」が原料の製品を散布するのがおすすめです。
  • 対処発生初期は、症状が出た部分を排除して様子を見ましょう。症状が広がる場合はできるだけ早く薬剤を使用します。

べと病

ベト病は葉の葉脈に沿って淡黄白色の小さな斑点ができ、近くの病斑同士がつながると拡大して暗灰色~灰褐色になります。乾燥するとパリパリになり、多湿になるとベトベトし、病斑の裏面に綿毛状の白カビがはえます。サヤが侵されると、種子表面に菌糸が着生してしまいます。
土の中に含まれる病原菌が原因と言われており、風雨などにより伝染します。症状は下葉から発生し、徐々に葉の上に広がっていくことが特徴です。

対処法

  • 予防健全な苗を確保すること。雨よけをして風通しと水はけを良くし、過湿を避けるようにしましょう。
  • 対処発生初期は、症状が出た葉だけをちぎって様子を見ましょう。症状が広がる場合はできるだけ早く薬剤を使用します。薬剤は葉の裏を中心に散布しましょう。

害虫

アブラムシ類

体色は黄緑色のものから黒褐色まで多様ですが、黄緑色のものが多いのが特徴。
植物の新芽に好んで寄生し、口針を幼枝の先端部や茎、根などに差し込んで汁液を吸います。
ウイルス病を媒介することもあります。

アブラムシ類

対処法

  • 予防特定防除資材の「酢」が原料の製品を散布するのがおすすめです。
  • 駆除数が少ない場合は、セロハンテープなどで取り除きましょう。
    多く発生している場合は、薬剤を使用ください。

ハダニ類

ハダニ類は0.5mmと非常に小さく、主に葉裏に寄生しています。梅雨明けから9月頃にかけて繁殖が旺盛になります。雌は交尾しなくても産卵することができるため、一匹いればどんどん増えていきます。また、クモの仲間なので、クモと同様に糸を出します。
葉裏に寄生して汁を吸うため、葉に針先でつついたような白い小斑点ができます。数が多くなると白くカスリ状にまとまって見えます。
被害が進行するに従って葉色は悪くなり、草花や野菜では落葉して枯れることもあります。

ハダニ類

対処法

  • 予防特定防除資材の「酢」が原料の製品を散布するのがおすすめです。
  • 駆除ハダニ類は小さい虫のため、見えないという人もいます。そういった場合、おかしいと思う葉裏に白い紙を置いてみて、息を吹きかけた時に動き回る小さな虫がいたらハダニ類です。糸が絡んでいるときもハダニ類の可能性があります。
    駆除する場合は、水で流すことが可能です。葉の裏側まで洗い流すように勢いよく水をかけましょう。
    多く発生している場合は、薬剤を使用ください。

ナメクジ

口器におろし金のような多数の歯のある舌を持ち、植物を削り取るように食べます。
植物が茂って湿気の多いところに多く生息しており、昼間は潜んでいて、夜になると活動します。
移動の際に粘液を出して歩行するため、這った後に白っぽく光る筋が残ります。

ナメクジ

対処法

  • 予防鉢に近寄らせないように、薬剤を鉢のまわりに散布して被害を防ぎましょう。
  • 駆除見つけたら捕殺するか、薬剤を使用してください。

ページトップへ