アース製薬

メニュー

閉じる

アースガーデン 花いとし 1000ml

このページをシェアする

きれいな花を咲かせたい人に!花の厄介な虫・病気にこの1本。

幅広い花と観葉植物、庭木に使える殺虫殺菌剤。花をキレイに咲かせたい人におすすめです。ハダニの卵から成虫まで効き、従来の薬剤では効きにくい病気にも効果を発揮します。

特設サイト

お近くの店舗

オンライン
ストア

製品バリエーション

    • 1000ml
  • 1000ml

製品詳細・特長

製品詳細

製品名 アースガーデン 花いとし 1000ml
内容量 1000ml
生産国 日本
成分 エトフェンプロックス:0.020% ジノテフラン:0.010% ミルベメクチン:0.00050% ペンチオピラド:0.010% 水、界面活性剤等:99.9595%
効果持続期間 約1ヵ月(殺虫効果。植物・害虫の種類、使用環境によって異なります。)
その他 農薬の種類:エトフェンプロックス・ジノテフラン・ミルベメクチン・ペンチオピラド水和剤
【性状】類白色水和性懸濁液体

適用害虫と適用作物

作物名 適用病害虫名 本剤の使用回数 ジノテフランを含む農薬の総使用回数
花き類・観葉植物
(ばら、ひまわりを除く)
アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 アザミウマ類
クロバネキノコバエ類 ハスモンヨトウ うどんこ病 灰色かび病
2回以内 5回以内
(土壌混和は1回以内)
ばら アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 アザミウマ類
クロバネキノコバエ類 コガネムシ類 クロケシツブチョッキリ チュウレンジハバチ
ハスモンヨトウ うどんこ病 黒星病 灰色かび病
2回以内 5回以内
(土壌混和は1回以内)
ひまわり アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 クロバネキノコバエ類
ハスモンヨトウ アワダチソウグンバイ アザミウマ類 うどんこ病
灰色かび病
2回以内 5回以内
(土壌混和は1回以内)
樹木類
(つばき類、まさき、ひいらぎもくせい、つつじ類を除く)
アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 ケムシ類
イラガ類 うどんこ病
2回以内 5回以内
つばき類
(さざんかを除く)
アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 ケムシ類
イラガ類 うどんこ病
2回以内 5回以内
(株元灌水は2回以内)
さざんか アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 ケムシ類
イラガ類 ツノロウムシ うどんこ病
2回以内 5回以内
つつじ類 アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 ケムシ類
イラガ類 ツツジグンバイ うどんこ病
2回以内 5回以内
ひいらぎもくせい アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 ケムシ類
イラガ類 ヘリグロテントウノミハムシ うどんこ病
2回以内 5回以内
まさき アブラムシ類 ハダニ類 コナジラミ類 ケムシ類
イラガ類 アオバハゴロモ うどんこ病
2回以内 5回以内

※総使用回数はエトフェンプロックスは6回以内、ミルベメクチンは2回以内、ペンチオピラドは3回以内

特長

キレイに咲かせたい人へ
効果約1ヵ月持続

※殺虫効果。植物・害虫の種類、使用環境によって異なります。

4つの成分の特長

  • ジノテフラン:隠れた虫にも効く
    効きめが植物全体に広がるから、葉裏の虫にも効く!
  • エトフェンプロックス:ケムシ・イモムシにも効く
    プロ(※1)も使うケムシ駆除成分!
  • ミルベメクチン:ハダニに効く
    ハダニの卵から成虫まで効く!
  • ペンチオピラド:効きにくい病気(※2)にも
    従来の薬剤で効きにくいと感じている方にぴったり!

※1 公園等の樹木管理に用いられる。

※2 EBI系薬剤等抵抗性の病気

<駆除できる害虫>

アブラムシ、ハダニ、アザミウマ、クロバネキノコバエ、ハスモンヨトウ、コガネムシ、チュウレンジハバチ、バラゾウムシ(クロケシツブチョッキ)、ヒロヘリアオイラガ(イラガ類)、アメシカシロヒトリ(ケムシ類)、チャドクガ(ケムシ類)、モンクロシャチホコ(ケムシ類)、マイマイガ(ケムシ類)

<退治できる病気>

うどんこ病、灰色かび病、黒星病

病気の発生と進行を防ぎます。一度被害にあった葉はもとのキレイな状態には戻りません。

使用方法

※よく振ってからお使いください。

【散布方法】

  • スプレーの先端口のキャップを回し、「SPRAY」にあわせると、近くに広く噴射できます。
  • 「JET」にあわせると、離れた所まで噴射できます。
  • 使用後は、必ず「OFF」に戻してください。

・逆さスプレーできます。

【使用時期】

発生初期

【希釈倍数】

原液

【使用方法】

散布

使用上の注意

  • ラベルをよく読む。
  • 記載以外には使用しない。
  • 小児の手の届くところには置かない。

【効果・薬害等の注意】

  • そのまま散布できるように調製してあるので、希釈せず散布する。
  • 使用前によく振って均一な状態にしてから使用する(沈殿)。
  • 日中高温時、強風時、降雨直前の使用はさける。
  • 高温、乾燥時の使用はさける(薬害)。
  • 本剤の過剰な散布はさける(薬害)。
  • 花弁にかからないように注意する(薬害)。
  • 過度な連用をさけ、作用性の異なる薬剤と輪番使用をする(耐性菌出現回避)。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に対しては、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

【保管上の注意】

  • 直射日光をさけ、飲食物、食器類やペットの餌などと区別して子供の手の届かないなるべく低温な場所に密栓して横にしないで立てて保管する。

【安全使用上の注意】

  • 人に向かって噴射しない。
  • 誤飲に注意。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当てを受けさせる。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン、長袖作業衣などを着用する。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいする。
  • かぶれやすい人は取扱いに十分注意。
  • 使用後の空容器は、3回以上水洗いし、プラスチックごみとして適切に処理する。
  • ミツバチ及び蚕に影響があるので、注意して使用する。

よくあるご質問

オンラインストア

キャンペーン・
スペシャルコンテンツ

一覧を見る

農薬一覧を見る

ページトップへ