アース製薬

アースガーデン

  • facebook
  • LINE

うどんこ病

生態・特徴

うどんこ病

カビが原因

多くの植物が発病する代表的な病気で、葉や茎が小麦粉をふりかけたようになる。
これは、白いカビ(糸状菌)が発生しているためで、菌糸を植物の組織の中にのばして栄養分を吸収し、進行すると、茎や葉がねじれて萎縮、ひどい場合には葉が黄化して枯れる。
伝染するため、早めに防除する必要がある。
ウリ類などの野菜やバラは特に発病しやすく、被害を受けやすいので早期発見が大事。
また、湿度が低くても発病するため、日当たりや風通しをよくする。

発生しやすい時期

一般的には4~10月湿気が低い状態でもまん延する。

発生しやすい植物

ほとんどの植物に見られる。

この病気に役立つ情報

製品情報

ページトップへ