アース製薬

アースガーデン

  • facebook
  • LINE

ウイルス病・モザイク病

生態・特徴

ウイルス病・モザイク病

ウイルスが原因

ウイルスによる伝染性の病気で、アブラムシやアザミウマ、コナジラミによってうつされる。葉に濃淡のあるモザイク状のまだら模様が現れ、葉緑が縮れて株全体の生育が抑制される。
主な被害部位は、花弁と葉。

発生しやすい時期

周年(特にアブラムシの発生時期)

発生しやすい植物

草花、野菜など多くの植物

ページトップへ