アース製薬

さび病

生態・特徴

ネギに発生したさび病
ネギに発生したさび病
月下美人に発生したさび病
月下美人に発生したさび病

カビが原因

カビ(糸状菌)による代表的な病気の1つ。葉に橙色または褐色の楕円状の小さい斑点ができ、鉄のサビのように見える。病状は伝染し、同じ植物のみに伝染する種類と、異なる植物へ伝染する種類がある。
発病の症状が目立つ葉を早めに処分する。また、日頃から元気な株に育てておくと発病しにくいため、肥料切れに注意して、追肥を施しておくことが大切である。

発生しやすい時期

春から秋にかけて発生(4~11月)。

発生しやすい植物

ネギ、ニラ、タマネギ、ニンニク等のユリ科ネギ属の野菜。その他、シソ、ミツバ、インゲン等。
ブドウやウメ等の果樹、バラやツツジ等の花木(庭木)、クレマチスやカーネーション等の花き類等。

この病気に役立つ情報

製品情報

ページトップへ