アース製薬

葉かび病

生態・特徴

葉かび病
葉かび病
トマトの葉かび病(表側)
トマトの葉かび病(表側)
トマトの葉かび病(裏側)
トマトの葉かび病(裏側)

カビが原因

カビ(糸状菌)が原因の病気で、葉の表側に淡い黄色の斑点模様ができる。病気が進行すると、葉の裏側にカビが生えてきて、徐々に色が濃くなっていき褐色となる。
発病した葉は早めに処分するのが望ましい。土壌に菌が残留し、翌年の発生源・伝染源となるので注意。葉かび病に適用のある薬剤の散布がおすすめ。
肥料切れになると葉かび病になりやすくなるため、果実が大きくなり始める時期に、トマト専用の肥料またはP(リン酸)が高めの肥料を追肥するとよい。また株間が足りず密植すると湿度が高くなりやすく、病気にも掛りやすくなるため、適度に株間をとる必要がある。

発生しやすい時期

5~8月。発病適温は20~25℃。多湿のときに発生しやすくなるため、梅雨時期は特に発生が目立つ。

発生しやすい植物

トマト、ミニトマト。

この病気に役立つ情報

製品情報

ページトップへ