アース製薬

アースガーデン

  • facebook
  • LINE

コナガ

生態・特徴

コナガ(約7mm)
コナガ(約7mm)

食害性害虫

幼虫は、5~10mmの小さなアオムシで、成虫は10mm以下の小さなガで、キャベツなどのアブラナ科の植物に寄生する。葉裏に卵を産み、孵化した幼虫は葉にもぐりこんで葉肉の中から食害し、成長すると葉裏から食害する。表皮を残して食べるため、半透明の斑点が残る。
食害された葉は不規則に穴が開き、葉脈のみ残して食べつくされることもある。
幼虫は葉裏で繭を作り、蛹となる。

発生しやすい時期

5~11月(春と秋に多い)

発生しやすい植物

キャベツ、ハクサイ、だいこん、ブロッコリーなど

この害虫に役立つ情報

製品情報

ページトップへ