アース製薬

メニュー

閉じる

02 キケンな虫の解説
刺す

世界で一番キケンなモンスター ヒトスジシマカ

ヒトスジシマカ

画面長押しで
拡大できます

オンマウスで画像を
拡大できます

  • 生態について

    分類
    ハエの仲間
    住んでいる地域
    東北地方以南
    大きさ
    4.5mm前後
    成虫が
    見られる時期
    5〜11月
    • 本当の大きさ

      本当の大きさ

      ※1目盛り=1mmです。
      ご利用環境により、
      大きさは異なって見えます。

    • 口の様子

      口の様子

  • 健康リスク

    痛み
    かゆみ
    感染症リスク
    症状
    かゆみ

    おすすめの虫ケア用品

ヒトスジシマカの

Q & A

  • Q.1どこにいますか?
    落ち葉に溜まった水など、ちょっとした水溜まりでも幼虫は育つことができます。成虫は風のない場所や葉の陰など湿っぽい場所にいます。人が4〜5mの所に近づくと、吐く息に含まれる二酸化炭素や体温、汗のにおいを感じて寄ってきます。
    • 住宅地

      住宅地

    • 森・林

      森・林

    • 公園

      公園

  • Q.2どうして血を
    吸うのですか?
    メスがお腹の卵に必要な栄養を得る為に、動物の体から血を吸います。十分な血を吸ったメスは、卵が成長するまで安全な場所で2〜3日じっと休んだ後、移動して産卵します。
  • Q.3何故世界で一番
    キケンなのですか?
    蚊は血を吸う時に恐ろしい病気をうつすことがあります。なんと、人間の命を奪う野生動物の世界ランキングでダントツの1位なのです。ある年の死亡者数を見ると、毒ヘビが6万人、巨大ワニが1000人、百獣の王ライオンが100人で、蚊はなんと83万人*。比べものになりません。
    (※出典:「The blog of Bill Gates」october 10,2016 )
ひとくちメモ

蚊がうつす病気は蚊の種によって違います。ヒトスジシマカは、デング熱やジカウイルス感染症などをうつすことがあり、2014年には日本で約70年ぶりにデング熱が流行しました。

キケンな虫の真実

オスが吸うのは花の蜜

オスは卵を産まないので、血を吸いません。何を吸っているのかというと、花の蜜です。花の蜜からエネルギーを得て、メスを探し交尾する為に生きています。
人知れず夜に花を訪れ蜜を吸っているので、中々気づかれないのです。
ちなみに、お腹に卵を持たない時のメスも普段は花の蜜が主食です。

我が子の為に吸血します

他の虫を見る

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

ページトップへ