蚊の害

蚊に刺されるとかゆみを生じます。これは、吸血の際、抗凝血作用物質(血が凝固することを防止するためのもの)を含んだ唾液を注入され、この唾液によってアレルギー反応を起こすためです。蚊に刺されて腫れることもあります。

しかし、蚊の被害で最も恐ろしいのは蚊に刺されることにより、感染症にかかってしまうことです。

蚊が媒介する感染症として日本では日本脳炎が知られています。ペットの病気としてフィラリア、海外ではマラリア、デング熱、ウエストナイル熱などがあります。
蚊の種類によって媒介される病原体・感染症は様々。
日本脳炎は豚を宿主としてコガタアカイエカが媒介する感染症で、豚を隔離しコガタアカイエカを駆除することで沈静化し、近年は患者数が年間数名~十数名程度になりました。

感染症が大きく取り上げられたのは、2014年8月に約60年ぶりに国内での感染が確認されたデング熱です。その後、日本各地で発症が相次ぎ、立ち入り禁止区域の拡大、イベント中止といった社会問題となりました。

また、近年アメリカ全土を恐怖に陥れているウエストナイル熱は170種以上の鳥を宿主とし、43種以上の蚊が関与しており、感染の拡大を防ぐのは不可能です。航空機などの交通機関による日本への侵入も懸念されています。

これら感染症の予防に大切なのは、蚊に刺されないようにすることです。

たっぷり血を吸ったヒトスジシマカ
たっぷり血を吸ったヒトスジシマカ
疾病 病原体 媒介する蚊
日本脳炎 日本脳炎ウイルス コガタアカイエカ
デング熱 デング熱ウイルス ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ
黄熱 黄熱ウイルス ネッタイシマカ
マラリア マラリア原虫 ハマダラカ
フィラリア フィラリア線虫 ネッタイイエカ
ウエストナイル熱 ウエストナイル熱ウイルス アカイエカ、ヒトスジシマカ など 43種
ジカ熱 ジカウイルス ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ
を知る

蚊の種類や生態、害について学び、より万全な対策を心がけましょう!

蚊について
もっと知る