アース製薬

初心者でもすぐできるDIY
植木鉢や缶を自分流にアレンジ!

お気に入りの植物やかわいい小物に囲まれると、ガーデニングが楽しくなりますよね。植木鉢のアレンジや、リメイク缶の活用など、初心者でもできる簡単DIYで、自分だけのこだわりの空間を作ってみませんか? 身近なアイテムや雑貨などを上手に取り入れて、コストをかけずにお庭やベランダを素敵に変身させましょう!

ガーデニングの楽しみ方2017/06/22

簡単!30分でできるDIY

植木鉢の簡単アレンジ法

まずは、身近にある植木鉢やプランターを、小物などを使って気軽にイメージチェンジすることから始めてみませんか?いま使っている鉢やプランターを活用してもOK。素材は素焼き鉢やプラスチック・ブリキなど、好みのものを選びましょう。組み合わせる道具は、雑貨店、ホームセンター、100円ショップなどで手に入りますので、近所のお店をチェックしてみてください。

マスキングテープ〈 難易度 ★ 〉

色・柄・幅の種類が豊富なマスキングテープを、鉢にぐるりと貼るだけの簡単アレンジ。好きな色や柄のものを数種用意して、組み合わせて貼ってみましょう。失敗してもすぐに貼り直せるのもいいですね!

  1. 鉢と、好みのマスキングテープを準備します。鉢の素材は、プラスチックやブリキなど表面がツルツルしたものの方が、テープが剥がれにくいのでおすすめです。
  2. 鉢にマスキングテープを貼っていきます。
  3. 耐水性を上げるため、上からニスを塗れば完成!

デコパージュ〈 難易度 ★★ 〉

ペーパーナプキン(印刷された紙、布でもOK)を切り抜いて貼る、デコパージュにチャレンジしてみましょう。既に書かれた図柄を使うので、出来上がりの完成度も高いですよ。デコパージュ専用液は、手芸店や100円ショップなどで入手できます。

  1. ペーパーナプキンから、好みの絵柄を切り抜いておきます。デコパージュ専用液、ツヤだし液、ハケ、鉢を用意します。
  2. デコパージュ専用液を、絵柄を貼る部分にハケで塗っていきます。液が多いとシワになりやすいため、液はできるだけ薄く塗りましょう。絵柄を貼りつけ、乾いたら上から専用液を塗ります。
  3. 乾いたら、上からツヤだし液を塗って完成です。

ステンシル〈 難易度 ★★★ 〉

ステンシルプレートやステンシルシールを使って文字を入れるとアメリカンなイメージに変身!

  1. 鉢とステンシルプレート、ペンキ(アクリル絵の具)、スポンジを準備。
  2. ステンシルプレートをテープで鉢に留め、上からスポンジでペンキ(アクリル絵の具)をポンポンと押すように塗っていきます。
  3. 乾いたら、上からニスを塗って完成!

ひと手間かけたDIY

大人気!リメイク缶にチャレンジ

蚊とり線香缶やトマト缶など、いろいろな空き缶を活用して、オリジナルの鉢を作りましょう。缶を再利用する時は、①根腐れを防ぐため必ず底に穴を開ける、②鉢底石を入れる、③土を入れる(手軽に使える培養土がおすすめ)のステップで。缶の柄が気に入っているなら、そのまま使ってもいいですね。

もし缶をペイントする場合は、事前にやすりをかけておくこと。色が乗りやすくなります。始めに、白い絵の具やペンキで下塗りしておくと、発色がよくなりますよ。

錆びが魅力!アンティーク風に

缶にアクリル絵の具で好きな色を塗ったら、縁などところどころに茶色を塗り、錆び感を演出すると古びたような雰囲気が出ますよ。100円ショップなどで売っている転写シートやラベルで気に入った柄をデコレーションしてみては。

ザラザラ加工でジャンクな雰囲気に

表面をザラザラにする加工方法は以下の通りです。

  1. 缶の表面にやすりをかけ、下地のペンキを塗ります。
  2. 乾く前に砂や小麦粉をまぶします。
  3. ペンキをスポンジにつけて叩きつけるように塗ります。
  4. 乾いてから2~3回繰り返して塗ると完成です。

オリジナルのリメイク缶に、人気の多肉植物はもちろん、ハーブやポトスなどのグリーンや、ゼラニウム、ビオラなどの鮮やかな花を飾っても楽しいですね。

〈番外編〉蚊とり線香

ガーデニング作業には、虫よけ剤や蚊とり線香が必需品。毎日使うものだから、自分の好みに合わせてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

  1. 蚊とり線香缶と黒の幅広ビニールテープ、アクセントとなるシールを準備。
  2. 蚊とり線香缶に黒テープをすき間なく貼っていきます。
  3. アクセントとなるシールを上から貼れば完成!テープは貼り直しできるので、色やデザインの変更も可能です。

いかがでしたか?オリジナルのガーデングッズで、ますますガーデニングが楽しくなりそうですね。ぜひ作ってみてください。

おすすめアイテム

ページトップへ