アース製薬

メニュー

閉じる

らくハピ エアコンの防カビスキマワイパー セット

このページをシェアする

エアコンの吹出口のスキマや奥までとどく!拭くだけで掃除&防カビコート!

掃除できなかったエアコンの吹出口の奥まで専用ワイパーが届いて、拭くだけでカビの生育を防ぎます。ホコリ・黒カビ汚れも落とします。(全てのカビを除去するわけではありません。)

特設サイト

お近くの店舗

オンライン
ストア

製品バリエーション

    • エアコンの防カビスキマワイパー セット
  • エアコンの防カビスキマワイパー セット

製品詳細・特長

製品詳細

製品名 らくハピ エアコンの防カビスキマワイパー セット
内容量 ワイパー(グリップ:1個、ヘッド:1個)防カビシート:4枚
生産国 中国
成分 防カビ成分(塩化セチルピリジニウム、イソプロピルメチルフェノール)、洗浄成分(非イオン系界面活性剤)、ホコリガード成分、コーティング剤、消臭剤
効果持続期間 防カビ効果最長2ヵ月(使用環境により異なります。)
その他 【品名】エアコン吹出口用防カビウエットシート 【液性】中性 【シート材質】ポリエステル 【シートサイズ】約215mm×40mm 【ワイパー材質】ポリプロピレン

特長

エアコンの吹出口やスキマに拭くだけで奥までしっかり防カビコート!

エアコン吹出口に発生したカビの原因菌を除菌し、カビの生育を防ぐ!
防カビ効果は最長2ヵ月持続。

※ 使用環境により異なります。

効きめのひみつは、W除菌システム

● 浸透除菌:防カビ成分が浸透するので、落としきれない汚れの奥に隠れているカビを、しっかり除菌!
● 防カビコート:カビが潜んでいる細かいキズの奥まで成分がしっかり届き、徹底除菌&効果長持ち!

※ 全ての菌を除菌するわけではありません。


<防カビスキマワイパーのここがすごい!>
● 5つの効果の防カビシート

  • 防カビ:最長2ヵ月防カビコート

    使用環境により異なります。

  • 除菌:99%除菌

    全ての菌を除菌するわけではありません。

  • 消臭:カビ臭すっきり
  • 汚れ除去:ホコリ・黒カビ汚れもすっきり
  • ホコリガード:ホコリが付きにくくなる

● スキマの奥まで届く専用ワイパー

  • スリム:横幅最大25mm細かいところも使いやすい
  • しなやかな弾力:内壁のカーブにしなやかにフィット
  • 波形ヘッド:波形の凹凸が汚れもかきとる

ウエットタイプ、無香性

使用方法

【ワイパーの組み立て方】

  • ヘッドの差し込み口に丸いフックを上にして、グリップをしっかり押し込みます。

    ※ 組み立てると分解できません。

【防カビシートの取りつけ方】

  • 防カビシートをヘッドにかぶせます。
  • 防カビシートの端の穴(切り込み)に丸いフックを通して固定します。

【使用方法】

  • エアコンの電源を切り、必ずプラグをコンセントから抜いてください。(プラグを抜けない場合は、ブレーカーを落としてください。)
  • 電源を切った状態では吹出口にあるフラップ(上下風向ルーバー、風向板)が閉じた状態になっているので、手でゆっくりと開いてください。
  • エアコンの吹出口から内壁に沿うようにワイパーを差し込んで、拭いてください。
  • 1枚でエアコン1台分の吹出口内の防カビができます。(汚れが特に気になる場合は2枚ご使用ください。)
  • 両面どちらでもお使いいただけます。

<らくハピのエアコン用ラインナップ>
一緒に使って、エアコンいつも清潔に!

● エアコンフィンの防カビに:『らくハピ エアコンの防カビスプレー』
● エアコンフィンの洗浄に:『らくハピ エアコン洗浄スプレー』

使用上の注意

必要に応じて読めるよう、製品表示を保管しておくこと。


  • 用途以外には使用しない。
  • 吹出口にあるフラップ(上下風向ルーバー)が開かないタイプのエアコンには使用できない。
  • エアコンフィン、送風ファン、室外機、エアコン電装部(センサーや電子基板、スイッチ、モーター部)には使用しない。
  • 使用後は手を水でよく洗う。
  • 荒れ性の方は、炊事用手袋を使う。
  • シートに触れた手で目や顔をこすらない。目に入った場合は、すぐに水で洗い流す。
  • シートは乾燥すると防カビ効果がなくなるので、一度袋から出したらすぐに使用する。
  • シートを袋から出した状態で長時間置いたままにしない。置いた場所が変色する恐れがある。
  • エアコンのフラップ(上下風向ルーバー、風向板)を動かす際にはゆっくりと動かす。勢い良く動かすと折れる恐れがある。
  • 使用する際、力を入れすぎない。風向ルーバー(風向板)が外れたり、送風ファン、およびワイパーが破損する恐れがある。
  • ワイパーのヘッド部が入らないすき間には無理に押し込まない。シートが外れたり、ワイパーが破損する恐れがある。
  • シートが外れる場合は輪ゴムなどでしっかり固定する。
  • シートは水に溶けないので、トイレに流さない。
  • ワイパーヘッドが汚れた時は水洗いして、よく乾燥させる。
  • 子供の手の届く所や、火気の近く、直接日光の当たる所、および高温になる所に置かない。

よくあるご質問

オンラインストア

キャンペーン・
スペシャルコンテンツ

一覧を見る

お掃除用品一覧を見る

ページトップへ