アース製薬

メニュー

閉じる

ダニアースレッド 6~8畳用

このページをシェアする

室内のダニ・ノミの効果的駆除に。隅々まで薬剤が浸透し、優れた効果を発揮します。

3つの有効成分がダニ、ノミにすぐれた効きめを発揮します。火災報知器用カバー付きです。

オンライン
ストア

製品詳細・特長

製品詳細

製品名 ダニアースレッド 6~8畳用
内容量 10g
生産国 日本
有効成分 フェノトリン(ピレスロイド系)10.9%、メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)1.7%、アミドフルメト(トリフルオロメタンスルホンアミド系)4.2%
効果・効能 屋内塵性ダニ類の増殖抑制及び駆除、イエダニ、ノミ、ハエ成虫、蚊成虫の駆除

製品に同封されている説明書を見る(PDF:650KB)

対象害虫

屋内塵性ダニ類の増殖抑制及び駆除、イエダニ、ノミ、ハエ成虫、蚊成虫

特長

アレルギーの原因となるダニやノミを退治!

有効成分アミドフルメト・フェノトリン・メトキサジアゾンのトリプル処方で、あらゆる室内に生息するダニに効きます。また、カーペットの奥や、畳の合わせ目など、今まで届きにくかったところまで薬剤が行き渡り、ダニ・ノミを駆除します。ダニのフンや死骸もアレルゲンのひとつです。処理後は掃除機でのお掃除をおすすめします。


少ない煙で良く効き、火を使わない

煙が多いからといって殺虫効果が高いわけではありません。無駄な煙を減らし、煙の中の有効成分比率を高め、必要最小限で効果を発揮する商品を開発。また、当社開発の水を使うシステムは、火を使わないので安心です。それに、セット後、蒸散開始までに約1分間の余裕があるので、セットしてゆっくり外に出ても薬剤を吸い込む心配がありません。
ニオイや降下灰の原因である燃焼剤を使用していないので、お部屋を汚さずニオイも残りません。


ダニ・ノミ退治のアドバイス

「ヒョウヒダニ(チリダニ)類」「ケナガコナダニ」「ツメダニ類」等の屋内塵性ダニ類は、居間や寝室の畳、カーペット、ふとんなどの表面や内部について、アレルギーの原因になっていると言われています。
また、イエダニは、天井裏にあるネズミの巣や通路にいます。
ノミは、ペットにより室内に持ち込まれ、畳のすき間や物陰などにいます。これらのイエダニやノミは吸血行動をとります。
お使いの際は、各部屋に1個配置し、全部屋一斉の駆除をおすすめします。また、ふとんの天日干しや部屋の掃除を併せて行うとより効果的です。なお、畳内部のダニ退治にはダニアースをおすすめします。
「ダニアース」の製品をチェックする

・・・お使いの際は、各部屋に1個配置し、全部屋一斉の駆除をおすすめします。・・・


【各部屋同時使用の方法】

水を入れたプラスチック容器をまず先に各部屋にセットし、その後奥の部屋から順に薬剤缶を水につけていきます。
(薬剤缶を水につけ、約1分後の蒸散開始ですから、薬剤を吸入する心配がなく安心です。)

使用方法

■使用量■

各害虫の駆除には次の使用量をお守りください。

  屋内塵性ダニ類の増殖抑制及び駆除・イエダニ・ノミの駆除 ハエ成虫、蚊成虫の駆除
10g缶 6~8畳(10~13㎡)あたりに1缶 12~24畳(20~40㎡)あたりに1缶
20g缶 12~16畳(20~26㎡)あたりに1缶 24~48畳(40~80㎡)あたりに1缶

■使用方法■


「くん煙剤・くん蒸剤ご使用前の準備と使い方」の詳細はこちら

手順1:あらかじめ準備していただくこと

部屋を閉めきり、戸棚、引出し、押し入れなど害虫のかくれ場所になるところを開放してください。
小鳥などのペット類、観賞植物は換気するまで部屋の外に出してください。また、観賞魚や観賞エビはエアーポンプを止めて完全密閉(水槽に覆いをして、ガムテープなどで密閉する)にして使用するか、換気するまで部屋の外に出してください。
パソコン、ワープロ、テレビ(液晶・プラズマ)、ゲーム機器、オーディオ、ビデオ製品などの精密機器にはカバーをかけ、テープ、ディスクなどは箱に収納してください。
飲食物、食器、子供のおもちゃ、飼料、衣類、美術品、仏壇仏具などは直接薬剤がかからないように、ポリ袋に入れるか、新聞紙で覆うなどしてください。

※ ご注意 ※
・大型コンピューターのある部屋では使用しないでください。
・移動できない水槽のある部屋では、エアーポンプを止めて水槽を密閉し使用してください。

●くん煙剤使用時の火災報知器とガス漏れ警報器について●
<火災報知器>
・製品に付属の専用カバーをご使用ください。
・感知部分にポリ袋などをかぶせ、まわりをセロテープなどで押さえてご使用ください。

※セロテープを壁や天井などに直接貼ると、塗装を剥がすおそれがあるのでご注意ください。

※使用後は必ず、よく換気をしてから元の状態に戻してください。

<ガス漏れ警報器>
ガス漏れ警報器はそのままで大丈夫です。ただし、真下では使用しないでください。


手順2:加熱蒸散をはじめてください

  • 水をプラスチック容器の黒破線まで入れてください。

    ※水の入れすぎは蒸散不良の原因になります。黒破線の量を必ず守ってお使いください。

  • プラスチック容器の中のアルミ袋を開け、缶をそのまま取り出してください。
    (缶の天面の赤いシールは、はがさないでください。)

    ※薬剤缶が入ったアルミ袋は使用直前に開封してください。
    (開封した状態で長時間放置すると、空気中の水分で少しずつ反応が進み、蒸散不良の原因となります。)

  • 水を入れたプラスチック容器を部屋の中央に置き、缶の赤いシール面を上にして入れ、リング状のフタをしてください。
    水につけてから約1分で蒸散がはじまり、最初の約1分間は勢いよく白煙が上がります。
    その後、薄い白煙が10分程出て蒸散が終了します。

    ※マッチなどの火気は使用しないでください。

    ※逆さまに入れないよう注意してください。逆さまに水につけると蒸散しません。
    一度水につけてしまうと、正しい向きで再度セットしても蒸散しないため、向きには十分注意ください。

    ※セット後は缶が熱くなりますので触れないでください。缶は約30分で冷めます。

  • 缶をセットしたら、部屋の外に出て戸を閉めきってください。
    蒸散開始後、部屋に広がった白煙(蒸散成分)がすみずみまで広がり殺虫効果を発揮するので、約2時間またはそれ以上部屋を閉めきってください。
    ハエ・蚊には約30分またはそれ以上で効果がありますが、2時間以上経過してから入室してください。

<各部屋同時使用の場合>
水を入れたプラスチック容器をまず先に各部屋にセットし、その後奥の部屋から順に薬剤缶を水につけていきます。
(薬剤缶を水につけ、約1分後の蒸散開始ですから、薬剤を吸入する心配がなく安心です。)

ご使用のあとで

2時間以上経過してから入室してください。
蒸散した薬剤を吸い込まないように注意して、ドアや窓を開けて十分に換気してください。

  • 使用後は部屋を十分に換気してください。
  • ダニやノミなどの虫の死骸を除去するという意味でも、畳やじゅうたん、床などは掃除機がけをしてください。
  • 食器などに直接薬剤がかかった場合は、水洗いをしてからご使用ください。
  • 衣類やふとんに薬剤がかかった場合は、ブラッシングするか天日干しを行ってください。
  • 警報器・報知器類は、処理後は必ず元の状態に戻してください。
  • 使用後の缶は不燃物として捨ててください。

使用後の正常な状態を確認したい場合は、下記よりご覧ください。

「アースレッドシリーズ使用後の正常な状態」を詳しく見る

※まれに熱によってリング状のフタが少し溶けることがありますが、安全性、有効性等の品質に影響ありません。

※薬剤が蒸散すると、缶の内部に薬剤の残りとして黒く溶解したような固形物が残ります。

使い方動画

使用上の注意

【してはいけないこと】

※守らないと副作用・事故が起こりやすくなります。

  • 人体に使用しないでください。
  • 薬剤を吸い込まないように注意してください。特にアレルギー症状やかぶれなどを起こしやすい体質の人、病人、妊婦、子供は薬剤を吸い込んだり、触れたりしないでください。
  • 退出後、必ず2時間経過してから入室してください。換気のために入室するとき、薬剤を吸い込むと気分が悪くなったり、のど痛等を生じることがありますので、薬剤を吸い込まないようにしてください。
  • 使用する部屋や家屋から薬剤が漏れないように注意してください。漏れた薬剤を吸入すると上記のような症状になることがあります。
  • 缶をセットしたら、すみやかに部屋の外に出て、戸を閉めてください。
  • 缶は水に浸すとすぐに熱くなるので、直接手を触れないでください。ヤケドをする恐れがあります。
  • 使用後は、部屋を十分に換気してから入室してください。

【相談すること】

  • 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がピレスロイド系殺虫剤、オキサジアゾール系殺虫剤及びトリフルオロメタンスルホンアミド系殺虫剤の混合剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。

【その他の注意】

  • 定められた使用方法、使用量を守ってください。
  • 皮膚、目など人体にかからないようにしてください。薬剤が皮膚についた場合は、石けんと水でよく洗ってください。また、目に入った場合は、直ちに水でよく洗い流してください。
  • 火災報知器が作動することがあります。火災報知器の直下では使用せず、一時的に添付の専用カバーまたはポリ袋などで覆いをして使用してください。その際、火気の管理には十分注意し、処理後は必ず覆いを取り除いてください。
  • 飲食物、食器、子供のおもちゃ、飼料、美術品、仏壇仏具などに薬剤がかからないようにしてください。
  • 小鳥などのペット類、観賞植物は換気するまで部屋の外に出してください。また、観賞魚や観賞エビはエアーポンプを止めて完全密閉(水槽に覆いをして、ガムテープなどで密閉する)にして使用するか、換気するまで部屋の外に出してください。
  • はがね製品、銅やシンチュウ製のものは変色することがあるので、覆いをするか部屋の外に出してください。
  • 故障の原因となるので、パソコン、ワープロ、テレビ(液晶・プラズマ)、ゲーム機器、オーディオ・ビデオ製品などの精密機器にはカバーをかけ、テープ、ディスクなどは箱に収納してください。(大型コンピューターのある部屋では使用しないでください。)
  • はく製、毛皮、和服(金糸、銀糸の入ったもの)、衣類などは、変色したりシミになることがあるので、ポリ袋に入れるか覆いをするなどして、直接薬剤がかからないようにしてください。
  • 本品は、ふとんなど寝具の害虫駆除には使用しないでください。
  • 使用後は、小さな虫の死骸などを取り除くため、軽く掃除機掛けなどを行ってください。

【保管及び取扱い上の注意】

  • 湿気を避け、子供の手の届かない涼しいところに保管してください。
  • 使用後の缶は不燃物として廃棄してください。その際、缶に水をかけないでください。使用時に水を入れ忘れたり、水が不足していた場合は発熱が不十分となり、後から水をかけると蒸散する恐れがあります。

注意 ― 人体に使用しないこと

よくあるご質問

オンラインストア

キャンペーン・
スペシャルコンテンツ

一覧を見る

ダニ用一覧を見る

ページトップへ