アース製薬

メニュー

閉じる

アースレッドW 6~8畳用

このページをシェアする

ゴキブリ・ダニ・ノミなど、まとめて駆除できる総合害虫駆除剤のスタンダード。

ゴキブリ、ダニ、ノミはもちろんハエ、蚊もまとめて駆除できる総合害虫駆除のスタンダードタイプです。火災報知器用カバー付きです。

特設サイト

お近くの店舗

オンライン
ストア

製品詳細・特長

製品詳細

製品名 アースレッドW 6~8畳用
内容量 10g
生産国 日本
有効成分 メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)12.0%、d・d-T-シフェノトリン(ピレスロイド系)3.0%
成分 アゾジカルボンアミド、他2成分
効果・効能 ゴキブリ、屋内塵性ダニ類、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ハエ成虫、蚊成虫の駆除

製品に同封されている説明書を見る(PDF:631KB)

対象害虫

ゴキブリ、屋内塵性ダニ類、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ハエ成虫、蚊成虫

特長

ダブルの有効成分が、ゴキブリ、ダニ、ノミに高い効果を発揮する総合害虫駆除剤です。

ミクロの殺虫粒子がお部屋の隅々までしっかり行き渡ります。

水を使うタイプなのでお部屋を汚さず、ニオイも残りません。

煙を吸い込む心配がない

煙が出るまで約1分間だから全部屋同時使用も安心です。

使用方法

■使用量■

   ゴキブリ・屋内塵性ダニ類・イエダニ・ノミ・トコジラミ(ナンキンムシ)の駆除 ハエ成虫、蚊成虫の駆除
10g缶 6~8畳(10~13㎡)あたりに1缶 12~24畳(20~40㎡)あたりに1缶

■使用方法■

「くん煙剤・くん蒸剤ご使用前の準備と使い方」の詳細はこちら

手順1:あらかじめ準備していただくこと

  • 部屋を閉めきってください。
  • パソコン、テレビなどの精密機器にはカバーをかけ、ディスクなどは箱に収納してください。
  • ペットや植物、観賞魚などは、部屋の外に出してください。
  • 火災報知器は添付の専用カバーまたはポリ袋などで覆いをしてください。
    ※使用後は必ず取り外すこと。
  • 食器、飲食物、おもちゃ、衣類、美術品、仏壇仏具などは、ポリ袋に入れるか、新聞紙で覆うなどしてください。
  • 戸棚、引出し、押し入れなど害虫のかくれ場所になるところを開放してください。

【注意】大型コンピュータの設置されている部屋では使用しないでください。
移動できない水槽は、エアーポンプを止めて、ビニールで覆いをし、ガムテープで止めるなどして、完全密閉してください。

手順2:加熱蒸散をはじめてください

  • プラスチック容器の中のアルミ袋・使用説明書を取り出し、水をプラスチック容器の黒破線まで入れてください。
    ※黒破線以上に多く入れ過ぎないように注意してください。(蒸散不良の原因になります。)
  • 缶のサイズ 水の量
    10g缶 約22mL
  • アルミ袋を開け、缶をそのまま取り出してください。
    ※使用直前に開封してください。
    (開封した状態で長時間放置すると、空気中の水分で少しずつ反応が進み、蒸散不良となります。)
    ※缶の天面の赤いシールは、はがさないでください。
  • 水を入れたプラスチック容器を部屋の中央に置き、赤いシール面を上にして缶を水につけ、リング状の蓋をしてください。約1分で蒸散がはじまります。
    【注意】セット後は缶が熱くなるので、ふれないでください。缶は約30分で冷めます。
  • 缶をセットしたら部屋の外に出て、約2時間またはそれ以上部屋を閉めきってください。
    蒸散後、部屋に広がった白煙(蒸散成分)がすみずみまで行き渡り殺虫効果を発揮します。
    セット後約1分で蒸散開始→最初の約1分間勢いよく白煙が上がる→その後約10分間薄い白煙→蒸散終了→2時間以上閉めきる

    ※蒸散が拡散すると、缶の内部に薬剤の残りとして黒く溶解したような固形物が残ります。

    ※まれに熱によってリング状の蓋が少しとけることがありますが、安全性、有効性等の品質に影響ありません。

ワンポイント

  • お使いの際は、各部屋に1個配置し、全部屋同時使用が効果的です。
    水を入れたプラスチック容器をまず先に各部屋にセットし、その後奥の部屋から順に薬剤缶を水につけていってください。
  • ゴキブリの卵がかえる2~3週間後にもう1度使用すると効果的です。

手順3:ご使用のあとで

【!注意】蒸散した薬剤には強い刺激があるので、換気の際は、必ずタオルなどで口や鼻をおさえて薬剤を吸い込まないようにして入室してください。

  • 使用後は部屋を十分に換気してください。
  • 小さな虫の死骸などをとり除くため軽く掃除機を掛けてください。
  • 食器などに直接薬剤がかかった場合は、水洗いしてからご使用ください。
  • 衣類やふとんに薬剤がかかった場合は、ブラッシングするか天日干しを行ってください。
  • 使用後の缶は不燃物として捨ててください。

使い方動画

使用上の注意

【してはいけないこと】(守らないと副作用・事故が起こりやすくなります)

  • 人体に使用しないでください。
  • 薬剤を吸い込まないように注意してください。万一吸い込んだ場合、咳き込み、のど痛、頭痛、気分不快等を生じることがあります。特にアレルギー症状やかぶれなどを起こしやすい体質の人、病人、妊婦、子供は薬剤を吸い込んだり、触れたりしないでください。
  • 退出後、必ず2時間以上経過してから入室してください。換気のために入室するとき、刺激に敏感な人は薬剤を吸い込むと激しく咳き込み、嘔吐したり、呼吸が苦しくなることがあります。必ず、タオルなどで口や鼻を押さえて薬剤を吸い込まないようにしてください。アレルギー症状やかぶれを起こしやすい体質の人などは、特に注意をしてください。
  • 使用する部屋や家屋から薬剤が漏れないように注意してください。漏れた薬剤を吸入すると上記のような症状になることがあります。
  • 缶をセットしたら、すみやかに部屋の外に出て、戸を閉めてください。
  • 缶は水に浸すとすぐに熱くなるので、直接手を触れないでください。ヤケドをする恐れがあります。
  • 使用後は、部屋を十分に換気してから入室してください。

【相談すること】

  • 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに添付文書を持って本品がピレスロイド系殺虫剤とオキサジアゾール系殺虫剤の混合剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。

【その他の注意】

  • 定められた使用方法・使用量を守ってください。
  • 皮膚、目など人体にかからないようにしてください。薬剤が皮膚についた場合は、石けんと水でよく洗ってください。また、目に入った場合は、直ちに水でよく洗い流してください。
  • 火災報知器が作動することがあります。火災報知器の直下では使用せず、一時的に添付の専用カバーまたはポリ袋などで覆いをして使用してください。
    その際、火気の管理には十分注意し、処理後は必ず覆いを取り除いてください。
  • 飲食物、食器、子供のおもちゃ、飼料、美術品、仏壇仏具などに薬剤がかからないようにしてください。
  • 小鳥などのペット類、観賞植物は換気するまで部屋の外に出してください。また、観賞魚や観賞エビはエアーポンプを止めて完全密閉(水槽に覆いをして、ガムテープなどで密閉する)にして使用するか、部屋の外に出してください。使用後十分に換気をした後、ビニールを取り、エアーポンプを動かしてください。室外に出した水槽は、使用後十分に換気をした後で元に戻してください。
  • はがね製品、銅やシンチュウ製のものは変色することがあるので、覆いをするか部屋の外に出してください。
  • 故障の原因となるので、パソコン、テレビ、ゲーム機器、オーディオ・ビデオ製品などの精密機器にはカバーをかけ、テープ、ディスクなどは箱に収納してください。(大型コンピュータの設置されている部屋では使用しないでください。)
  • はく製、毛皮、和服(金糸、銀糸の入ったもの)、衣類などは、変色したりシミになることがあるので、ポリ袋に入れるか覆いをするなどして、直接薬剤がかからないようにしてください。
  • 本品は、ふとんなど寝具の害虫駆除には使用しないでください。
  • 使用後は、小さな虫の死骸などを取り除くため軽く掃除機掛けなどを行ってください。

【保管及び取扱い上の注意】

  • 湿気を避け、子供の手の届かない涼しいところに保管してください。
  • 使用後の缶は不燃物として廃棄してください。その際、缶に水をかけないでください。使用時に水を入れ忘れたり、水が不足していた場合は発熱が不十分となり、後から水をかけると蒸散する恐れがあります。

よくあるご質問

オンラインストア

キャンペーン・
スペシャルコンテンツ

一覧を見る

ゴキブリ用一覧を見る

ページトップへ