アース製薬

メニュー

閉じる

くん煙(煙・霧)剤ご使用前の準備と使い方

くん煙(煙・霧)剤で一番お問い合わせが多いのは、使用前の準備方法です。
困った時は、ここで検索してみてください。簡単な作業でご使用いただけます。

1.対象製品

2.ご使用前の準備

まず、部屋を閉めきり、戸棚、引出し、押し入れなど害虫のかくれ場所になるところを開放してください。
また、小鳥などのペット類、観葉植物などがある場合や、お持ちの家電などによって事前の準備が必要です。
詳細は下記より検索してみてください。簡単な作業でご使用いただけます。

カテゴリ

報知器・警報器類

品目使用前の準備方法
火災報知器 必要ありませんが、直接火災報知器に霧があたらない位置で使用してください。
霧が直接あたると火災報知器が作動することがあります。
ガス漏れ警報器 電源のコンセントを抜くか、ガス漏れ警報器にポリ袋などをかぶせ、まわりをテープなどで必ず押さえて使用してください。
処理後、部屋をじゅうぶん換気(通常1時間程度を目安)してから、必ずそのカバーを取り除くか、電源コンセントを入れなおしてください。
※マンションやビルなどでご使用の際は、管理室で一括管理している場合がございます。その場合は、管理室にてスイッチを切ることが可能です。※テープを壁や天井などに直接貼ると、塗装を剥がすおそれがあるのでご注意ください。

デジタル機器

品目使用前の準備方法
テレビ(液晶、プラズマ) カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
テレビ(液晶、プラズマ以外) 必要ありません。
パソコン、ワープロ カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
ゲーム機器 カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
オーディオ・ビデオ製品 カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
プリンター、コピー機、シュレッダー、スキャナー カバーあるいは新聞紙・ビニールなどをかけてください。
大型コンピューター(業務用) 故障の原因となるため、本品は使用しないでください。
ゲームソフト、DVD、CD、テープ類 専用ケースに収納するか、フタのある箱に収納し、ふたを閉めてください。
携帯電話 カバーあるいは新聞紙・ビニールなどをかけてください。

生活家電

品目使用前の準備方法
冷蔵庫 必要ありません。
電子レンジ 必要ありません。
トースター カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
炊飯器 カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
コーヒーメーカー カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
ウォーターサーバー カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
食器乾燥機 カバーあるいは新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
掃除機 必要ありません。
エアコン、空気清浄機、加湿器、除湿機 電源をお切りください。
ヒーター、オイルヒーター 電源をお切りください。
こたつ 必要ありません。
照明器具 噴射される霧が直接かからないように使用してください。
電話機 必要ありません。
マッサージチェア 必要ありません。

台所

品目使用前の準備方法
食器
  1. 食器棚に収納され、扉がしまっていれば必要ありません。
  2. 扉がない場合や戸棚が開放されていたり、放置されている場合は、直接霧(薬剤)がかからないようにポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
食器棚 食器棚は、変色する場合があるので、噴射される霧が直接かからないように、本品を離して使用ください。
また、霧(薬剤)が中の物に直接かからないように扉をしめてご使用ください。
扉のない場合は、霧(薬剤)が直接かからないように中のものをポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
包丁(はがね製品) 変色したり錆びたりすることがあります。
戸棚に収納するか、直接煙(薬剤)がかからないようにポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどで覆ってください。
ガスコンロ、カセットコンロ 必要ありません。火は必ず消してください。
飲食物、調味料 冷蔵庫や米びつの中のもの、戸棚に収納されたものは何もしなくても大丈夫です。
テーブルなどの上にある場合は、冷蔵庫に収納するか新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
ガス湯沸かし器 必要ありません。火は必ず消してください。

家具・生活用品

品目使用前の準備方法
壁、カーテン 変色する場合があるので、噴射される霧が直接かからないように、本品を離して使用ください。
フローリング、畳、じゅうたん、ラグ、マット(敷物)、ウッドカーペット 必要ありません。
<アドバイス>
ダニなど虫の死骸を除去するという意味で、使用後に畳・じゅうたん・床などは掃除機がけをおすすめします。
プラスチック製品(透明なもの) 変色する場合があるので、噴射される霧が直接かからないように、本品を離して使用ください。
いす、テーブル、ソファー 変色する場合があるので、噴射される霧が直接かからないように、本品を離して使用ください。
クッション 必要ありません。
気になる場合は使用後に掃除機がけやブラッシング、天日干しをしてください。
ベットの寝具 寝具の上に、新聞紙・タオル・ビニールなどをかけてください。
気になれば使用後に、掃除機がけやブラッシング、天日干しをしてください。
※「アースレッド 寝室・子供部屋用」については、必要ありません。
寝具(まくら、ふとん) 押入れを閉めて使用する場合は、何もする必要はありません。
押入れを開放したり、放置して使用する場合、気になれば使用後に掃除機がけやブラッシング、天日干しをしてください。
※「アースレッド 寝室・子供部屋用」については、必要ありません。
衣類(洋服、毛皮、和服) クローゼットやたんすなどに収納していれば必要ありません。
外に出ている場合は、変色したりしみになることもあるので、ポリ袋に入れるか新聞紙・ふきん・ビニールなどで覆ってください。
かかったときは、ブラッシングか天日干しをしてください。
カバン 箱などに収納されていれば必要ありません。
部屋に放置されている場合は、直接煙(薬剤)がかからないようにポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
おもちゃ 箱などに収納され、フタが閉まっていれば必要ありません。
部屋に放置されている場合は、直接煙(薬剤)がかからないようにポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。

動植物

品目使用前の準備方法
犬、ネコ、小鳥、ハムスター、ウサギ、昆虫など 部屋の外、または屋外に出し、なるべく離して置いてください。
じゅうぶん換気(通常1時間程度を目安)をしたら、持ち込んでも構いません。
観賞魚(熱帯魚やエビ)、その他水生動物全般 部屋の外に出し、なるべく離して置いてください。
じゅうぶん換気(通常1時間程度を目安)をしたら、持ち込んでも構いません。
移動できない水槽のある部屋では、エアーポンプを止めて水槽を密閉(水槽に覆いをして、ガムテープなどで密閉)し使用してください。
水槽 部屋の外に出し、なるべく離して置いてください。
じゅうぶん換気(通常1時間程度を目安)をしたら、持ち込んでも構いません。
移動できない水槽のある部屋では、エアーポンプを止めて水槽を密閉(水槽に覆いをして、ガムテープなどで密閉)し使用してください。
ペットのえさ 部屋の外に出すか、戸棚の中、もしくはフタのあるケースに収納ください。
家畜 家畜のいる場所では使用しないでください。
飼料 冷蔵庫に収納するか新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
観葉植物、植木 部屋の外に出し、なるべく離して置いてください。
じゅうぶん換気(通常1時間程度を目安)をしたら、持ち込んでも構いません。

その他

品目使用前の準備方法
楽器全般 金属部分に煙がかかると表面が変色することが考えられますので、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけるか専用ケースに収納してください。
美術品(絵画、額縁、置物など) 変色する場合があるので、直接霧(薬剤)がかからないようにポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。
仏壇、仏具、神棚 銅・真ちゅう製品・メッキ品などにかかると、変色したり錆びたりすることがあります。
直接煙(薬剤)がかからないように新聞紙・ふきん・ビニールなどで覆ってください。
はく製 変色する場合があるので、直接霧(薬剤)がかからないようにポリ袋に入れるか、新聞紙・ふきん・ビニールなどをかけてください。

3.噴射をはじめてください

事前の準備が整ったら、くん蒸剤を使って以下の手順で噴射を始めましょう。
使い方動画を見たい方はこちら→

1.部屋の中央にセットする

本品を部屋の中央に置いてください(直接火災報知器があたらない位置)。ペダルは必ずつま先で踏んでください。缶底に塗ってある透明樹脂はすべり止めです。はがさないでください。

2.ペダルを踏んで噴射させる

カチッと音がして固定されるまでかかとを浮かし足の指で真上からゆっくりとペダルを踏むか、手で押して作動させてください。薬剤が霧状になって噴射しはじめますので、直ちに部屋から出てください。

3.部屋の外に出て戸を締めきる

本品を噴射した後、1~2時間部屋を閉めきった状態にしてください。また、この間、入室することは避けてください。

ワンポイント

・お使いの際は、各部屋に1個配置し、全部屋同時使用が効果的です。
・ふとんの天日干しやお部屋の掃除を併せて行うとより効果的です。

動画で使い方を見る

「ノンスモーク霧タイプ(くん蒸タイプ)」の使い方

4.ご使用のあとで

  1. 使用後は部屋をじゅうぶんに換気してください。
  2. 使用後の缶は不燃物として捨ててください。
  3. 万一食器などに直接薬剤がかかった場合は、水洗いしてからご使用ください。
  4. 衣類やふとんに薬剤がかかった場合は、ブラッシングするか天日干しを行ってください。

ページトップへ