アース製薬

ぐっすり眠りたい。
お風呂から習慣を
変えてみよう。

Category

お風呂のギモン

良い睡眠をとるための入浴方法ってあるの?

就寝の2時間くらい前に、ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。

良質な睡眠をとるためには色々な方法がありますが、お風呂の入り方を工夫するだけでも寝つきを良くすることができます。

ポイントは、眠る2時間くらい前に、38℃のぬるめのお湯に30分くらい、ゆっくり温まること。

そもそも人の身体は、体温が下がることで眠気を感じるようにできています。眠る2時間くらい前にお風呂に入ることで、一時的に体温が上がり、布団に入るころにちょうどよく体温が下がってくるので、寝つきが良くなるというわけです。

また、ぬるめのお湯は、副交感神経が働いて気分を落ち着かせてくれるため、寝る前のコンディションとしてはぴったりの状態。身体の緊張がほぐれることで一日の疲れ表面化し、ぐっすり眠れるようになります。

気持ちよく眠れると、翌朝の目覚めも良くなって一日が活動的になりますよね。お風呂をうまく利用して、快適な毎日を心がけましょう。

入浴剤のイロハ

入浴剤のおすすめはどれ?入浴剤の種類と特長について

お風呂掃除のコツ

お風呂掃除の前にチェック!洗剤選びのポイントと便利グッズまとめ

この記事をシェアする

CATEGORY

ページトップへ戻る

ページトップへ