アース製薬

お肌にやさしく。
親子で楽しく。

Category

入浴剤のイロハ

赤ちゃんと一緒のお風呂を楽しもう!おすすめの入浴剤5選

赤ちゃんが大きくなってきたら、パパもママも一緒にお風呂を楽しみたいですよね。そこで知っておきたいのが、赤ちゃんとお風呂に入るときの入浴剤の選び方です。

この記事では、赤ちゃんとのお風呂に入浴剤を入れるメリットや注意点、実際にどんな入浴剤を選べば良いのかなどを、詳しくご紹介します。

目次

いつから赤ちゃんと一緒の湯船に入っていいの?

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が低いため、ベビーバスでの沐浴が推奨されています。生後3ヵ月頃までは、オムツかぶれやしっしんなどのお肌のトラブルも起きやすく、パパやママと一緒の湯船に入れるようになる時期は赤ちゃんによって異なります。必ず検診などでお医者さんに許可をもらってから、一緒の湯船に入るようにしましょう。

入浴剤を入れる2つのメリット

一般的に、赤ちゃんの皮膚が安定してくる生後3〜4ヵ月頃から、入浴剤を使えるようになります。

生後3ヶ月未満の場合や、お肌が弱くて心配な時は、新生児から使える沐浴剤を使うと安心です。

では、赤ちゃんと一緒のお風呂で入浴剤を入れるとき、どんなメリットがあるのか見てみましょう。

リラックスしている赤ちゃんのイラスト

赤ちゃんと一緒のお風呂におすすめの入浴剤

それでは、実際に赤ちゃんとお風呂に入るときにおすすめの入浴剤をご紹介します。入浴剤に含まれている成分など、チェックすると良い点もあります。ぜひ参考にしてみてください。

安心して使える、無添加タイプの入浴剤の特長

無添加タイプは合成着色料やパラベン、アルコールなどの成分が含まれていないため、お肌がデリケートな赤ちゃんや敏感肌の方にもおすすめです。

お肌をうるおす、保湿成分配合の入浴剤の特長

入浴剤を選ぶときに、保湿成分が入っているかをチェックすることも大切です。

保湿成分が入っていることで入浴中もお肌がうるおうので、お風呂上がりの乾燥対策にもつながります。

入浴剤によく使用される保湿成分には、植物エキス、シアバター、セラミド、スクワランなどがあります。商品のパッケージに記載されている配合成分をチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんと一緒のお風呂におすすめのアイテム

  • バスロマン 無添加タイプ ふんわり柚子の香り

    医薬部外品

    合成着色料・パラベン・アルコールフリーの無添加タイプ。食品成分が99.99%。シアバター(保湿成分)や水道水中の塩素を除去するアミノ酸成分配合で、お肌にやさしい処方。ナチュラルイエロー(透明)のお湯色。

  • バスロマン 無添加タイプ ふんわり桃の香り

    医薬部外品

    合成着色料・パラベン・アルコールフリーの無添加タイプ。食品成分が99.99%。シアバター(保湿成分)や水道水中の塩素を除去するアミノ酸成分配合で、お肌にやさしい処方。ナチュラルイエロー(透明)のお湯色。

  • バスロマン 無添加タイプ 無香料無着色

    医薬部外品

    合成香料・合成着色料・パラベン・アルコールフリーの無添加タイプ。食品成分が99.99%。シアバター(保湿成分)や水道水中の塩素を除去するアミノ酸成分配合で、お肌にやさしい処方。無香料、無着色のお湯。

  • 温泡 ONPO ボタニカル ナチュラルフローラル

    医薬部外品

    素材にこだわり、10種類のボタニカル保湿成分を厳選配合。自然な香りとお肌にやさしい無添加タイプの炭酸入浴剤。合成着色料・パラベン・アルコールフリー。お湯色は無色透明。

  • 温泡 ONPO ボタニカル ナチュラルシトラス

    医薬部外品

    素材にこだわり、10種類のボタニカル保湿成分を厳選配合。自然な香りとお肌にやさしい無添加タイプの炭酸入浴剤。合成着色料・パラベン・アルコールフリー。お湯色は無色透明。

入浴剤を使う際の注意点

赤ちゃんによっては沐浴剤や入浴剤がお肌に合わない場合もあるため、検診時などにお医者さんに相談してから使うようにするとよいでしょう。また、初めて使うときは、赤ちゃんのお肌の状態などを注意深く見てあげるようにしましょう。

赤ちゃんと一緒に使うことができる入浴剤は、その旨がパッケージのどこかに記載されています。使う前に必ずチェックしましょう。

メントール配合の入浴剤など、お肌への刺激が強い入浴剤は避けましょう。また、香りが強すぎると赤ちゃんの負担になる場合があるので、やさしい香りの入浴剤がおすすめです。

まとめ

赤ちゃんと一緒に入浴剤を使うときは、以下のポイントに注目してみましょう。

POINT
  • 生後3ヶ月未満や、お肌が心配な赤ちゃんには沐浴剤を使おう
  • 無添加タイプは、お肌がデリケートな赤ちゃんにもおすすめ
  • 保湿成分配合の入浴剤を選ぼう

お風呂は、赤ちゃんとの大切なふれあいの時間です。赤ちゃんにも楽しいバスタイムを過ごしてもらうためにも、お肌にやさしく、香りもやさしい入浴剤を選びましょう。

入浴剤のイロハ

お風呂で免疫力アップ!ウイルスに負けない身体づくりを

お風呂掃除のコツ

黒カビやピンクヌメリとはもうサヨナラ!お風呂のカビ掃除と予防方法

この記事をシェアする

CATEGORY

ページトップへ戻る

ページトップへ