• ネズミの餌場に仕掛けましょう。

    台所などの餌場に殺鼠剤を設置します。ただし、天井で暴れている場合は運動場として使用していることが多く、餌場ではないので設置しても食べません。そんな場合は、持ち帰ることのできる、投げ込みタイプの殺鼠剤を設置しましょう。

  • ネズミの食欲が増す、秋から冬にかけて使うのがベスト。
  • 殺鼠剤は一箇所だけではなく、被害が出た場所や姿をよく見かける所など、なるべく複数箇所に設置しましょう。
  • 一度置いたら、食べなくてもしばらくは動かさないようにしましょう。

    ネズミは警戒心が強いので、最初はなかなか食べてくれません。しばらく放置しておくことで餌の存在に慣れてきます。ただし、1週間以上経過しても食べない場合は回収または場所を移動してください。

  • 粘着剤と殺鼠剤を併用すると効果がアップします。

    粘着剤の周囲に殺鼠剤を置いてください。毒餌を食べたネズミは体に変調をきたし警戒心が低下するため、粘着剤にかかりやすくなります。

  • 気長に根気強く駆除しましょう。

    非常に警戒心が強いため、仕掛けたらしばらくは様子を見てください。
    貯食性があるため、餌がなくなっても食べるまでにしばらく時間がかかることがあります。

天井で暴れているから間違いなく「ネズミだ!」と殺鼠剤を設置しても、なぜか食べない。どうしてだろう??って不思議に思っている方いませんか?
もしかしたら餌場じゃなくて運動場として使われていただけかも。迷惑な話ですよね。食べないなら、巣に持って帰らせよう!ということで、そんな習性にも対応した、『デスモアプロ 投げ込みタイプ』が誕生。屋根裏にも投げ込めるからとても便利です。
でも、餌場に持ち帰ったからといって安心ではないんです。今度は貯食性という習性で、なかなか食べないことも。気長に毒餌を食べるのを待つか、粘着剤で捕まえるか、ネズミとの戦いは持久戦。ネズミ対策アイテムを強化すべく、僕たちも日々、研究・開発に取り組んでいます。

ネズミを知る

ネズミの種類や生態、害について学び、より万全な対策を心がけましょう!

ネズミについて
もっと知る