アース製薬

メニュー

閉じる

ダニアース 300mL

このページをシェアする

カーペットやタタミに潜むダニ・ノミを手軽に退治。2つの機能の2WAYノズル採用。

タタミの内部は特殊注入針を使って注入駆除できます。カーペットやじゅうたんの表面、タタミの合わせ目は表面噴射で駆除できます。

お近くの店舗

オンライン
ストア

製品バリエーション

製品詳細・特長

製品詳細

製品名 ダニアース 300mL
内容量 300mL
生産国 日本
有効成分 フェノトリン(ピレスロイド系)0.25 w/v%、メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)0.025 w/v%、アミドフルメト(トリフルオロメタンスルホンアミド系)0.2 w/v%(原液量200mL)
効果・効能 屋内塵性ダニ類の増殖抑制と駆除、イエダニ、マダニ及びノミの駆除

対象害虫

屋内塵性ダニ類、イエダニ、マダニ、ノミ

特長

アース独自の2wayノズル!

軽く押せるレバーボタン採用。畳内部のダニ・ノミには特殊ノズルで注入噴射。畳・カーペットの表面のダニ・ノミには直接スプレーできます。

3種類の薬剤を配合

殺ダニ・ノミ効果の高い3種類の薬剤を配合。浸透効果の高い処方で、速効性・増殖抑制効果を発揮!使用後のニオイも少なく、低刺激です。

使用方法

屋内塵性ダニ類、イエダニ、マダニ、ノミの生息または発生する場所に使用すること。

【タタミの中】

  • ノズルを直角に起こし、青いボタンをキャップから外す。
  • 青いボタンについている針をタタミにまっすぐ根元まで差し込む。
  • ※針についている透明のカバーをつけたまま差し込む。※チューブを30cm以上伸ばさないこと

  • 青いボタンを指で押さえたまま、レバーボタンを押して噴射する。

噴射は1ヵ所に3秒間の割合で、1畳につき6ヵ所以上に注入噴射する。
内部注入と表面噴射で約12畳処理できます。

【カーペット・じゅうたん・板間・タタミの表面】

カーペットやタタミなどの表面にはノズルを起こさないで、レバーボタンを押して噴射する。この時40~50cm離して均一に処理する。

【カーペット・板間などの場合】

1㎡あたり約10秒間(1畳あたり約15秒)噴射する。(約35畳分)

【タタミの表面の場合】

1畳あたり約30秒間(1㎡あたり15~20秒)噴射する。(約20畳分)

使用上の注意

【してはいけないこと】

  • 人体に向かって噴射しないこと。また噴射気体を吸入しないこと。
  • 本剤は可燃性ガスを使用しているので、火気には十分注意すること。
  • 使用後は、部屋を十分換気してから入室すること。
  • 7分以上連続噴射しないこと。

【相談すること】

  • 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がフェノトリン(ピレスロイド系)、メトキサジアゾン(オキサジアゾール系)及びアミドフルメト(トリフルオロメタンスルホンアミド系)を配合する殺虫剤であることを医師に告げて、診療を受けること。

【その他の注意】

  • 定められた使用方法、使用量を守ること。
  • 噴射中は室内を開放し、噴射する人以外の者の入室を避けること。
  • 皮膚、目など人体にかからないようにすること。薬剤が皮膚についた場合は、直ちに石けんと水でよく洗い流すこと。また、目に入った場合は、直ちに水でよく洗い流すこと。
  • 飲食物、食器、子供のおもちゃ、観賞魚・小鳥などのペット類、飼料、観賞植物にかからないようにすること。
  • アレルギーやかぶれなどを起こしやすい体質の人は、薬剤に触れないようにすること。
  • 変色のおそれがあるので、畳・カーペット以外の家具や建具などに薬剤がかからないようにすること。
  • 繰り返し使用する場合は、1週間以上の間隔をあけて使用すること。
  • 噴射針は畳専用なので、畳以外に差し込んで使用しないこと。使用後は針をつけたままにせず、必ずもとの収納位置にもどすこと。また、先が鋭く尖っているので、ケガをしないように注意すること。
  • 畳に注入するときは、噴射針が抜けないようにチューブを極端にのばして使用しないこと。
  • 畳やカーペットの表面処理後は、乳幼児が薬液をなめないよう注意するとともに、処理後薬液がかわくまでの間は、乳幼児がはわないように注意すること。
  • 床暖房の畳は薄く、針を刺すと温水パネルが破損するため、決して針は刺さないこと。
  • 換気すること。

【保管及び取扱上の注意】

  • 直射日光(車の中等)や火気を避け、子供の手の届かない涼しいところに保管すること。
  • 缶のさびを防ぐため、水周りや湿気の多い場所に置かないこと。
  • 【廃棄の方法】

    • 本品は使い切ってから捨ててください。
    • 捨てるときは、風通しが良く、火気のない屋外で、風下に向かって人にかからないように噴射ボタンを押し、噴射音が消えるまでガスを抜いて、燃えないゴミとして捨ててください。その際、右図のようにノズルを倒して噴射ボタンを押したまま、スプレー前面部の溝に側面からつまようじ等を差し込むと、噴射ボタンがロックされ最後までガスを抜くことができます。
    • 大量に使い残した缶の廃棄方法はこちら をご覧ください。

よくあるご質問

オンラインストア

キャンペーン・
スペシャルコンテンツ

一覧を見る

ダニ用一覧を見る

ページトップへ