セアカゴケグモ

セアカゴケグモは本来、東南アジアやオーストラリアに生息している毒グモです。1995年大阪府高石市で初めて発見され、大阪府南部や兵庫県南西部で広く発見され、現在では全国的に拡がっています。
攻撃性はなく、素手で触らなければ咬まれることはありませんが、咬まれると激しい痛みとともに、局所の腫れ、めまい、嘔吐などの症状が見られます。
ベンチの下、側溝のふたや裏側、ガードレールの支柱、墓石など、日当たりがよく適当な隙間がある場所に巣を張り生息しています。

セアカゴケグモも他のクモと同様に、クモ専用もしくは不快害虫用エアゾールなどで駆除できます。

発見された当時はマスコミでも取り上げられましたが、阻止は難しく、外来種として日本に定着し始めてしまいました。
物流によって「虫流」もさまざまな種で起こっているのが気がかりです。

クモを知る

クモの種類や生態、害について学び、より万全な対策を心がけましょう!

クモについて
もっと知る