アース製薬

メニュー

閉じる

虫こないアースあみ戸にスプレーするだけ/虫こないアースあみ戸・窓ガラスにに関するよくあるご質問

残った液体またはエアゾールの処分方法を教えてください。

以下を参考に処分してください。

■虫こないアースあみ戸にスプレーするだけ

ポンプのキャップを外し、古新聞やボロ布に液を染み込ませて容器を空にします。
ボトルとスプレー部はプラスチックです。液を染み込ませた古新聞やボロ布は燃えるゴミです。それぞれ各自治体の収集方法にしたがって捨ててください。

■虫こないアースあみ戸・窓ガラス

火気のない屋外で風上から風下に向けて、薬液が完全になくなるまで噴射してください。
(噴射音が消えるまでガスを抜いてください。)
缶はスチール(ブリキ)、スプレー部はプラスチックです。それぞれ各自治体の収集方法にしたがって捨ててください

<ご参考>
エアゾール製品の場合、自治体によっては、缶に穴をあけて捨てるように指導しているところがあります。このような地域では、火気のない屋外でエアゾール製品の噴射レバーを引いて薬液を出し、噴射音が消えるまでガスを抜いてから釘などで缶に穴をあけて捨ててください。
液が入っている缶に穴をあけると、液が噴出することがあり危険です。穴をあける場合は、かならず噴射しきってガスを抜いてからあけてください。

ビニール袋と古新聞もしくは吸水性のよい紙や雑巾を用意します。

※屋外もしくはベランダで周囲に人のいない場所で行ってください。また、風向きに注意してください。

ビニール袋の中に、古新聞等を入れます。

※飲食・喫煙はしないでください。

※火種のある場所は避けてください。

ビニール袋の中に、噴射音が聞こえなくなるまで、全量噴射してください。
スプレー缶によっては、噴射中に缶が冷たくなる場合があります。軍手等をして噴射することをおすすめします。

※必ずしばらく袋の口は閉じず、数時間後に廃棄してください。

ページトップへ