アース製薬

メニュー

閉じる

蚊がホイホイ Mosquito Sweeper

このページをシェアする

殺虫成分を使わずに、蚊を誘引して捕獲!新世代の蚊の捕獲器。

東京理科大学 藤嶋 昭 栄誉教授、ユーヴィックス㈱、アース製薬㈱が共同開発した新世代の蚊捕獲機です。光触媒効果を発揮するTMiPと独自開発の誘引剤SpMAを用いています。

お近くの店舗

オンライン
ストア

製品バリエーション

    • 本体+誘引剤
  • 本体+誘引剤

製品詳細・特長

製品詳細

製品名 蚊がホイホイ Mosquito Sweeper
内容量 器具本体1個、誘引剤取替え1個、専用ACアダプタ1個、取扱説明書及び保証書1冊
生産国 器具本体:中国、誘引剤取替え:日本
効果・効能 蚊成虫、飛翔害虫の誘引捕獲
効果持続期間 2ヵ月(使用環境により異なります)
その他 【仕様】電源:AC100V~240V 50Hz/60Hz、風量:約1.4L/秒、消費電力:約1.7W、運転音:約33dB、使用環境温度:0~35℃、電源コードの長さ:1m

製品に同封されている説明書を見る(PDF:2,761KB)

対象害虫

蚊成虫、飛翔害虫

特長

新世代の蚊の捕獲機

東京理科大学、ユーヴィックス株式会社、アース製薬株式会社 共同開発

蚊をぐんぐん誘引し、捕獲!

  • 蚊を誘引:二酸化炭素を発生させる光触媒技術 TMiP

     東京理科大学 藤嶋昭 栄誉教授、ユーヴィックス株式会社が共同開発した
    光触媒担持チタンメッシュフィルタTMiP(※)を採用
    ※ TMiP:Titanium Mesh impregnated Photocatalyst

  • 蚊を誘引:特殊誘引剤 SpMA

     アース独自で開発した蚊の誘引剤SpMA(※)を使用
    ※ SpMA:Special Mosquito Attractant

  • 蚊を誘引:ブラックボディ
  • 蚊を止まらせる:吸い込み口にあるフェンス構造
  • 蚊を吸い込む:上から下に流れるファンの気流
  • 蚊を捕獲:捕虫ボックス

※お部屋にいるすべての蚊を捕獲できるわけではありません。

殺虫成分不使用

使用方法

ご使用前に箱の表示、取扱説明書(保証書付)をよくお読みの上、正しくお使いください。


【使用方法】

● 電源の接続

  • 専用ACアダプタ(付属)のコネクターを本体側面の専用ACアダプタ差込口に差込む。
  • 専用ACアダプタ(付属)をコンセント(家庭用AC100V)に差込む。

● 誘引剤を用意する

  • 誘引剤容器のアルミシールをはがす。

    透明フィルムが残ることがあれば、はがして使用する。

  • 「パチンッ」と音がするまでフタをしっかり閉める。

● 誘引剤をセットする

  • 器具本体の誘引剤ボックスを取出す。

    左右の誘引剤ボックス取出しボタンを押しながら取外す。

  • 用意した誘引剤取替え容器を誘引剤ボックスにセットする。
  • 誘引剤ボックスを本体にセットする。

    「カチッ」と音がするまで押し込む。

● 電源を入れる

  • 本体のスイッチを押す。

    電源が入ると、スイッチが青く点灯する。

人がいない間も蚊を捕獲しますので、24時間の連続使用をおすすめします。
※ 人が常時いる部屋では、蚊の誘引効果は弱まります。


【誘引剤交換の目安】

誘引剤は約2ヵ月に1回(使用環境により異なります)
取替え目安ラインまでビーズが下がったら交換する。

交換時には、本品専用の「誘引剤取替え」をお買い求めください。


【使用場所について】

玄関に、寝室に、リビングに

使用上の注意

必要なときに読めるよう、取扱説明書(保証書付)は大切に保管してください。

【注意】

  • UVライトを直視しない(10cm以内の距離から裸眼で30分以上直視すると目に日焼けを生じる可能性があります。)

【器具の取り扱い、保管上の注意】

  • 専用のACアダプタ以外は使用しないでください。
  • 本体に衝撃を与えたり、改造分解、修理はしない。
  • 水やその他の液体を入れたり、濡らしたりしない。
  • 子供の手の届く範囲では使用しない。
  • 吹き出し口・吸い込み口の中へ指や異物を入れない。
  • 直射日光のあたる場所や火気の近く、高温になる場所で使用しない。
  • 器具本体の汚れはスイッチを切ってから乾いた、柔らかい布で拭いてください。水洗いは絶対にしないでください。
  • 器具本体、捕虫ボックスにホコリが付着した時は、掃除機で吸い取ってください。

よくあるご質問

オンラインストア

キャンペーン・
スペシャルコンテンツ

一覧を見る

ハエ・蚊用一覧を見る

ページトップへ