アース製薬

メニュー

閉じる

アース 蚊がホイホイ Mosquito Sweeper

NEW

技術力を結集した
新世代の蚊の捕獲機

東京理科大学・U-VIX・アース製薬の共同開発

殺虫成分不使用

蚊を誘引

新世代の光触媒技術で
二酸化炭素を効率的に発生
東京理科大学 藤嶋昭 栄誉教授、
ユーヴィックス株式会社が共同開発した光触媒担持
チタンメッシュフィルタTMiPを採用

※TMiP Titanium Mesh impregnated Photocatalyst

蚊を誘引

アース独自で開発した
蚊の誘引剤「SpMA」を使用

※Special Mosquito Attractant

蚊を誘引

ブラックボディの器具本体
黒色を好む蚊の習性を利用し、
効果的に蚊を誘引します

蚊を止まらせる

フェンス構造の吸い込み口

蚊を吸い込む

ストロングパワーファン
吸い込み口に近付いた蚊を
ファンの風で吸い込みます

蚊を捕獲

捕虫ボックスで捕獲

メカニズム

蚊をぐんぐん誘引し捕獲

1. 蚊を誘引

新世代の光触媒技術で
二酸化炭素を効率的に発生
東京理科大学 藤嶋昭 栄誉教授、ユーヴィックス株式会社が共同開発した光触媒担持チタンメッシュフィルタTMiPを採用
※TMiP Titanium Mesh impregnated Photocatalyst

4. 蚊を止まらせる

フェンス構造の吸い込み口

2. 蚊を誘引

アース独自で開発した蚊の誘引剤「SpMA」
※ Special Mosquito Attractant

5. 蚊を吸い込む

ストロングパワーファン 吸い込み口に近付いた蚊を ファンの風で吸い込みます

3. 蚊を誘引

ブラックボディの器具本体 黒色を好む蚊の習性を利用し、効果的に蚊を誘引します

6. 蚊を捕獲

捕虫ボックスで捕獲

こんな場所にオススメ

  • 玄関玄関
  • 寝室寝室
  • リビングリビング

特長

殺虫成分を使わずに、
蚊を誘引して捕獲

光触媒技術で蚊を誘引

蚊が獲物を認識するのには4大要素は動物や人間が出す
二酸化炭素、ニオイ、温度、色・形・動き。

二酸化炭素を発生させることで蚊を誘引することが可能。

光触媒技術とは

光触媒(酸化チタン)が光(紫外線など)を吸収し、有機物を分解すること。それによって二酸化炭素が発生する。

酸化チタン(TiO2)・二酸化炭素・有機物 (エタノールなど)・水

  • 今までは光触媒により、接着剤自体も分解光触媒が脱落する

  • TMIP表面積アップ!酸化処理を行った 多孔質な酸化チタン板+全周面むき出しの酸化チタン(光触媒) 接着剤など(有機物)酸化チタン(光触媒)露出している部分酸化チタン同士だから結合が強く、剥がれにくい

東京理科大学 藤嶋昭 栄誉教授と
ユーヴィックス株式会社が共同開発したTMiPを採用

藤嶋昭 栄誉教授 光触媒の発見者。酸化チタン光触媒の研究で、世界的な成果を上げ、抗菌や空気浄化材料への応用に道を開いた。2017年には文化勲章を受章するなど様々な受賞歴があり、ノーベル化学賞の有力候補とされている。 ※Titanium Mesh impregnated Photocatalyst:光触媒担持チタンメッシュフィルタ

紫外線(UV)技術、光触媒技術を応用した製品販売メーカー。
光触媒シート及びその製造方法で特許を取得している。

新開発の特殊誘引剤

アース独自で開発した
蚊の誘引剤「SpMA」

アース製薬の長年の技術を活かして開発した蚊の誘引剤「SpMA」を採用。
光触媒反応による二酸化炭素発生の原料となる有機物を含んでいるため、
二酸化炭素の発生を促進させることもできます。 ※Special Mosquito Attractant

誘引剤交換は
「2ヵ月に1回」でOK(使用環境により異なります)

□ 24時間後の蚊の誘引頭数(自社試験:2018年)

SpMAは砂糖水に比べて、誘引頭数約8倍

捕虫ボックスで捕獲

(自社試験:2018年)

[試験方法]

6畳空間にて、ヒトスジシマカの成虫を供試し、捕獲試験を実施。

※お部屋にいるすべての蚊を捕獲できるわけではありません。

殺虫成分不使用

殺虫成分を使わないので、薬剤に敏感な方、お子様やペットのいるご家庭にもおすすめです。

  • 赤ちゃんにも安心

  • ペットにも安心

製品情報

蚊がホイホイ Mosquito Sweeper 蚊捕獲機

蚊がホイホイ Mosquito Sweeper (本体+誘引剤取替え)

蚊がホイホイ
Mosquito Sweeper
(本体+誘引剤取替え)

蚊がホイホイ Mosquito Sweeper (誘引剤取替え)

蚊がホイホイ
Mosquito Sweeper
(誘引剤取替え)

ページトップへ